田村精神療法研究所タイトル

はじめに

 昨今、「心の闇」と称されるものが原因で起きる問題や事件が数多く報道されています。また、現代は「国民の誰もがうつ病に罹ってもおかしくない時代」と言われています。当研究所では、精神的問題や心の悩みに対して「精神分析」を使って光を当て、問題の軽減、解決に向けて来談者を支援しています。

 精神的問題や心の悩みの例としては、不登校、引きこもり、無気力、ニート、非行、自殺念慮、自責感、神経症(不安神経症・恐怖症・強迫神経症・心気症)、心身症、パニック障害、摂食障害(過食症・拒食症)、家庭問題(親子関係・子育て不安・夫婦関係・嫁姑関係)などがあります。

 精神分析とは

 精神分析は対話療法です。(セラピーと呼びます)
 対話をすることにより、悩みや問題の原因を見出します。心の深い所にあり、気づきにくいものに対し  ては、「夢分析」を使って解明してゆきます。
 精神分析学という学問の、理論に基づいて治療します。状況に応じてカウンセリングを併用します。
 薬も催眠も暗示も用いません。
 「精神鑑定」とは違います。

                                           研究所所長  田村励次
           

△TOP

所長プロフィール


1956年 東京都に生まれる
1981年 法政大学文学部教育学科(心理学コース)卒業
1999年 LAKAN精神科学研究所インテグレーター(分析者)養成講座終了
2001年 田村精神療法研究所開設
2003年 産業カウンセラー試験合格
2010年 8月21日子育て相談会池袋コミュニティーカレッジ (西武百貨店)に講師として参加
2011年 田村精神療法研究所forスマートフォンサイト開設

 中学のころからか心理学に興味があり、大学で心理学を勉強しました。しかし、当時は学んだことを心の成長や悩みの解決にどう用いれば良いのか、良く分かりませんでした。そのまま一般企業に就職し、結婚しましたが、「心の成長と悩みの解決法」というテーマへの興味がなくなることはありませんでした。妻子を残して自己開発セミナーに参加したこともあります。そこでは良い経験をさせていただきましたが、私にとっては、いま一つという感じが残りました。

 あるきっかけで、大学で少しかじった精神分析学の理論と臨床に15年前、出会いました。良い師事を得て、手ごたえを感じ、理論を勉強しながら、自らも精神分析を受けました。その過程で、自己認識が高まり、大事な気付きを得ることができました。

△TOP

所在地/連絡先/営業時間

  • 所在地/面談場所


    • その1
      セラピールーム リバーサイドTR
      〒111-0023
      東京都台東区橋場1―36―13―1101
      コスモ浅草桜橋リバーステージ
      *駐車場はありません
      最寄り駅から、リバーサイドTRへは地図Google mapをご覧ください。

      その2
      ご依頼の場所


  • 連絡先


    • 携帯
      090-3527-2331
      電話
      なし
      FAX
      03-3875-8441
      メルアド
      rtkggo☆yahoo.co.jp
      ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

  • 営業時間


    • 営業日
      月曜~土曜
      時間
      9:30~18:00
      ご事情によっては、上記以降の時間に応じられる場合があります
      定休日
      日曜・祝祭日
      ご事情によっては、定休日でも面談に応じられる場合があります

△TOP

精神分析概要

<精神分析とは>

 対話療法です。(セラピーと呼びます)

 これは、分析者(integrator インテグレーター)と被分析者(client クライエント)が1対1で、言葉による対話によって無意識を意識化し、コンプレックスを解消する療法です。薬も催眠も暗示も用いず、単に言葉のみによる洞察的気づき療法です。
 ※コンプレックスは「観念複合体」と訳され、無意識的で強い情動と結びついていて、精神生活に強い影響力をもつものです。

 契約治療です。

 セラピーは直接対面による対話を原則とし、そのための「時間」・「場所」・「料金」が設定され、その枠内で行います。そして、そこに「治療目標」が決められます。それが達成されるまでが、治療期間となります。セラピーは最低月1回の面談を維持し、任意の日時に予約され、継続して行われることを互いに約束する、信頼の上に成り立つ治療法です。
 被分析者が治療を終了したい時には中止し、分析者が無理強いすることはありません。

 <時間>

 1回45分~55分とし、これを1セッションとします。日時は完全予約制とし、前々日、前日、及び当日の予約取り消しは無断欠席同様「キャンセル」扱いとなります。ただし、本人の病気、事故等やむを得ない理由がある場合は考慮いたします。

 <料金>

 精神分析 1回45~55分  10,000円
 相談    1回45~55分   5,000円
 
 相談とは、契約治療に入る前に、精神分析の内容について説明を受け、理解したい、納得したい、などのご要望にお応えする面談です。

 「キャンセル」の場合は、前々日は基本料金の50%、前日は70%、当日は100%、をご負担頂きます。
 「出張セラピー」の場合は、別途交通費を頂きます。キャンセルの場合は、申し出日に拘らず出張手当を含んだ100%、を頂きます。

 <秘密の厳守>

 被分析者の個人情報に関すること、もしくは他言されたくない秘密は、守秘されます。また、症例として言葉や文字で表現される場合は、必ず匿名とするか、一部変更し、個人的事実そのままを表現しないこととします。

 <治療の終結>

 治療の終結は、治療目標を達成し、分析者と被分析者が共に終結の合意を持った時とします。

 <治療予後の大切さ>

 分析は、終結後の精神の定着と持続を見守る予後を重要視します。治療と目標を達成したことがすべての終わりではなく、その後の精神の定着と発達を見守って行く必要があります。年に1~2度の分析を受け、それらの状況を分析することが望ましいことです。

 <治療の再開>

 終結後も必要があれば、何度でも分析を受けることができます。その都度治療目標を設定し、同様の分析を受けることができます。

 分析は、自己探求の旅であり、自己発見のドラマであり、自己の完成への道程です。この道を選ばれることにより、あなたは自らの尊厳にきっと気づかれ、有意義な人生を送られることでしょう。

△TOP

Google map

東京都台東区橋場1―36―13―1101
      コスモ浅草桜橋リバーステージ
Google mapです矢印を操作してご確認下さい。


大きな地図で見る

△TOP

Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 大沢秀行氏(インテグレーター名:惟能創理)の精神分析を受け、インテグレーター(分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C) Tamura Mental Treatment Laboratory All rights reserved.
Powered by Movable Type 3.34